Monday, July 21, 2008

泥縄

先日の日記で書いた「自立更生促進センター」問題。
…未読の人はこちらでプリーズ
【7月17日に書いたENTRY】

◎リンクが見れない人に高速で説明すると
「学校が密集する街に性犯罪者を含む受刑者の更生センターを作ろうっていう無茶苦茶な計画がある事を知って俺は怒っている」
…そんな感じね。

知れば知るほど本当にふざけた内容で呆れて物が言えないとは正にこの事。

一応、公式に発表されている「センター構想」も見てみましょう
【法務省 自立更生促進センター構想】

…ふむふむ。
「目的」の項に書かれている事に対して俺は何の文句も無い。

◎リンクが見れない人に高速で説明すると
「受け入れ先が無いため仮釈放させてもらえない優良受刑者を引き受け、出所後の社会復帰のリハーサルをさせる施設」
…概ねそんな感じね。

…しかしながら、思う所はある。
「信用」おいおい。そいつは簡単に得られるモノじゃない。
「受け入れ先がない」当たり前じゃん、何言ってんだよ(笑)
「平和で豊かな社会から見捨てられる事」…それが、それこそが
「他者を傷つけ罪を犯した者が受ける真の罰」なんじゃないの?
刑期を終えれば全ての罪が清算されるのだと、本気で思っているのでしょうか?
もしそうならばその「甘さ」に対しては失笑する事ぐらいしか出来ませんぜ、主人。
…もちろんこの事は犯罪者だけに言える事じゃない。
信用を得る事、集団に受け入れられる事…それは物凄く大事な事で。
しかしながら物凄くハードルが高い事なのだと俺は思う。
…話が横道にそれてきたので置いといて。

まずはこの「目的」に関しては「認める」事にしよう。
(本当は認めたく無いんだけど)そうしないと話が始まらない。
…問題は「何でわざわざこの地域に作るんだよ(怒)」って事なのである。

「この地域」がどんな地域かと言うと
福島高等学校/福島東稜高等学校/福島松韻学園/橘高校/第四中学校/第四小学校/附属小学校/桜の聖母学院/ふくしま西幼稚園/福島保育園/ひふみ保育園/こばと保育園/福島盲学校/福島聾学校
…と、学校がこんなにある地域な訳です。

駄目に決まってるだろ!何考えてんだよ

…としか言い様が無い訳です。普通に考えて。

「そんなん駄目に決まってるだろ」と思った人は下記で署名に協力してください★

◎福島市街地周辺地域の安心を守る住民の会
【自立更生促進センター 運営見直しを求める署名のお願い】
http://www.shomei.tv/project-76.html

…で。
この件については徹底反対の方向で行こうと決意した昨今。
あちこちのサイトやBLOG、もちろんmixiでも色々見て歩いている訳ですが。
地元の方の日記から、件についての法務省との質疑応答の文章を拝借してきました。
…これがまた…もう、本当に突っ込みどころが多過ぎて泣けてくる内容なのです。
一部ですが、まずは見てください。

Q.いくら反対しても開設するのか?

A.現在のところ予定通り8月中には開設したい。中止は考えていない。
  ただし、みなさんの不安を少しでも和らげ、理解を得るために今後
  関係者と「連絡協議会」を設置し、安全・運営に関する要望・意見を
  受け入れる場とし、可能な限り情報提供を行っていきたい。

■地元民の疑問
  なぜ今まで「連絡協議会」が無かったの?

■俺の疑問
  「理解を得て」から作らなきゃ駄目なんじゃないの?

Q.なぜここなの?

A.全国の各県庁所在地にある保護観察地の中で
  センターを建設できる土地のあるところだった。
  該当地は、ハローワークも目の前にあり、周辺環境も良く
  社会復帰するために更生する場所として適した場所と判断された。

■地元民の疑問
  ハローワークの機能を収容先に設置できないの?

■俺の疑問
  それって全部「施設を作りたいあなたたちの都合」じゃないの?
  学校が密集している地域なんですけど?
  沢山の子供たちが社会生活をしている地域なんですけど?

Q.福岡・京都で反対運動があったので隠し進めていたのでは?

A.全くそんなことは無い。福岡・京都も同じ方法で説明している。
  福岡は小学校の隣りだったので特殊ケース。
  福岡・京都ともに反対運動があったから停止しているが、
  福島は何ら反対がなかったので。。。
  学校関係者への説明が遅れたことは申し訳なく思っている。

■地元民の声
  反対運動を起こそうにも事態を知ることも出来なかった。
  学校関係者への説明は学校側からの要望で7月から開始された。
  建設決定段階で説明していればもっと早いタイミングで動くことが出来たハズ。

■俺の声
  >福岡は小学校の隣りだったので特殊ケース。
  …おいっ!

Q.性犯罪者の入所はないというのは本当か?

A.13歳未満の子どもに対しての性犯罪者は対象外。 仮釈放の許可も出ない。
  性犯罪といっても定義が広く、強制猥褻・強姦・下着泥棒・援助交際など色々。
  どの場合も再犯の可能性の高い者は許可されない。

■地元民の疑問
  14歳を超える人に対しての性犯罪者は再犯の可能性がなければ入所するって事?
  成人に対する強制わいせつ・強姦・下着泥棒はOK?
  性犯罪=再犯率高いと思っていますが。

Q.24時間体制と言っているが人員は足りるのか?

A.センター職員7名と、本館職員も交代で当直して、 厳重な体制を確保する予定。

■地元民の声
  その本館職員が「365日24時間体制は不可能」 と確かに言っているのですが。

■俺の声
  職員7名で「厳重な体制」(笑)犯罪者20人を受け入れるんじゃないの?

Q.外出した者まで監視できるのか?

A.仕事から帰ってくれば、特段外へ出る用事は無いはず。
  また、外出する際は、センターの許可がなければ無理である。

■地元民の疑問
  文教地区を越えると目と鼻の先に歓楽街があるワケです。
  行きたくならないものなのでしょうか?
  許可を取った人の外出に関しては「監視がなくても大丈夫」
  と言ってるように聞こえます。 ホントに大丈夫なんでしょうか?

■俺の疑問
 「外出先の行動に関しては放置」でFA?
  >特段外へ出る用事は無いはず。
 憶測かよおい!

…………………とまあ。

頭に浮かんだのはシンプルにたった一つ、この言葉でした。

どろなわ —なは 0 【泥縄】
〔「泥棒を捕らえてから縄をなう」の略〕
物事に出合ってからあわてて準備をすること。
「—式の受験勉強」
 三省堂提供「大辞林 第二版」より

…ちなみに。
大事な子供のいる方達には特に知ってもらいたい。

…福岡・京都・福島
この3都市での運営はあくまでもテストケースであり…
最終的にはこの構想は全国展開を前提としているのだという事を。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home