Thursday, February 01, 2007

THIS IS THE END,MY ONLY FRIEND

我らが紅蜥蜴団の首領、MOMOYOさんから一冊の本を預かって来た。
...エリオットという人の詩集だ。
帰ってからずっと読んでいる訳だが、これがまた結構面白くて。
日本語の詩、長い事書いてないなあ、なんて考えてみたり。

前回のGig AntiqueSのライヴで、THE DOORSの「THE END」を演じた。
その辺の経緯は...とりあえず当時のエントリーを見てもらうとして、だ。

金曜日のGig AntiqueS第二回公演で、このTHE ENDを「再演」する事になった。
音楽と、朗読と、そして芝居が、絶望の底の泥沼で融合しあいながらも
お互いが手を取り合って微かな光明を目指す...
そんな、とてもスリリングな音楽の旅。
前回の公演で感じた、なんとも言えないあの緊張感を思い出して来た。

1988年。
真昼のアパートの部屋で、俺は連日テレビに釘付けになっていた。
警察庁広域重要指定117号『連続幼女誘拐殺人事件』だ。

仕事をしている訳でも無く、バンドだってマトモにやってる訳でもない、
グダグダの腐った状況の中で、俺はこの事件から離れる事が出来なかった。

どうしても離れられなかったんでさぁ、主人。

起きてる様な寝ている様な。
言ってみれば生きてるのか死んでるのかも分からない状況下で、
俺はニュースを見ながら毎日「THE END」を聴いていた。
...効いていた、って言った方がいいかも知れない(笑)

絶望的な虚無の世界の、究極のサウンドトラック。

ふとそんな、ある意味二度と戻りたくない、
あの泥沼の青年期を思い出してみたりwwww

...そんなこんなの「THE END」再演。
30余年が経過しても決して晴れる事の無い、生と死の泥沼を描く究極の歌劇。
是非、ご覧あれ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

紅蜥蜴団・池袋再開発分室
幻化戦線 "VISIONARY FRONT" #2
2007年2月2日(金)
東京 池袋 手刀
開場 18:00 開演 18:30
前売 2,500円 当日 3,000円

お問い合わせ:池袋 手刀
東京都豊島区池袋2-46-3 シーマ100-B1
03(5951)1127
www.chop.jp

紅蜥蜴団・池袋再開発分室
www.xllx.jp/gigas/
www.babylonic.com
www.speedid.com

mixiコミュ
紅蜥蜴団・池袋再開発分室
http://c.mixi.jp/gigants

オフィシャルサイト(チケット予約もこちらからどぞ)
www.xllx.jp/gigas/

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて。リハ行くか。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home