Monday, July 24, 2006

Hard Day's Night

一年半振り…そして再起動弐発目のワンマン・ライヴが終わりました。
YES、おかげさまで無事に終わったよ。はふ。

ライヴの三日前に…過労?だとかでダウン→入院なんてな大馬鹿やらかしてしまい、
いやはや本当、一時はどうなる事やらと思いましたが(汗)
ライヴ当日には復帰して、二時間半のライヴが完走出来たのですから、
本当に、本当に、いつも親身に協力してくれる仲間たちのおかげであります。
幸せだな。マジでその一言に尽きるぜ。

懐かしい、ブラックライトの光と、お手製の蜘蛛の巣。
「V系でも、俺たちはちょっと違うんだぜ」
そう言いたくて仕方が無かったあの頃の、なんだかひねくれたレパートリーと
気が遠くなる程の紆余曲折の果てに辿り着いた原点「GOTH」

どんなに、世界が変わっても、環境や、考え方が変わっても、
その、それぞれの時代のパッションを何よりもリアルに思い起こさせてくれる「音楽」
二度と会えないはずの仲間たちとも、俺は、脳内で…リアルに、再会出来る。
素晴らしい。
俺は、全ての音楽の神様に感謝したい。

ヲハルさんにとっては「仕事場」でもある手刀のステージ。
お前のおかげで、俺たちはまたココに帰ってこれたようなモンだな。
全くよく出来た弟だぜ(笑)

細い身体で二時間半も頑張ってくれたみどりちゃん。
BOWIEの「REALITY TOUR」に大感動だった俺にとって、
スキンヘッドの女性ベーシストとの出会いは正に運命以外の何物でも無かったよ(笑)

ナッキーのギターは凄く主張が強いのに、不思議なくらい歌にフィットして。
彼が…二つの、素晴らしいバンドのサウンドを引っ張り続けてこれた理由が、
一緒にプレイした事で、肌で、強く実感出来た。凄く良く分ったよ。

歌い間違えた曲や、構成を忘れてしまって訳が分らなくなった曲は、
MTRを止めて、再度アタマからやり直したな(笑)
わはははは。いいじゃないか。何度だって、やり直せば、いいんだぜ。

SET2では、function code();から、理科さんとまっつんさんがゲスト参加してくれた。
…むっさむさな俺たちのステージが、一気に華やいだ瞬間だったよ(笑)

色々な、本当に色々な想いがあるけれどさ。
とにかく、全ては一つの想いに収束してしまうしか無く。

ヲハルさん、みどりちゃん、ナッキー、理科さん、まっつんさん
清人、そして手刀のみなさま
おティルさん、お手伝いしてくれたみなさま
高橋さん、JJさんとそして撮影隊のみなさま
フェテッシュダディ(笑)と…
お忙しい中、足を運んで頂いたゲストのみなさま、御来場頂いたみなさま
そしてもちろん、来たくても環境や地域の事情でこれなかったみなさま

時に神の宿る、素晴らしい芸術=音楽
それは結局の所、人間の手により産まれ、生きる物であり
…日々、悪戦苦闘しつつも、気合いで働き、生きる「個」である自分が
自分の愛する音楽の中で輝き続けられる事は、まぎれも無くみなさまのおかげです。

本当に、本当にありがとうございました。
心から感謝しています。






夕方、ちょっとだけ仕事をして。じっくり、休んで、最高の週末が終わった。
大好きなジョーイ・アリアスの歌を聴きながら、ゆっくりとチル・アウト中。
明日から、また頑張って仕事して…また気合いで生きていけるよ。

「気合い入れて働き、気合い入れて輝く。」

…理屈じゃない。
どんな宗教や、思想に対してだって、絶対に、一歩も引かない。
俺が持っている、たった一つのシンプルな答えだ。

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home